30代手取り15万一人暮らしOLの貯金ブログ

ベンガル猫と申します。地方在住、家賃42,000、テレビなし 、友達1人。 自分を大切にしながら貯金400万+α目指します。@全財産公開中。


一人暮らしのメリット

今日は早めにお風呂に入ってほっこり^_^

 外は雨だけどお家の中は静かで快適です。

 誰にも気を使わずにお風呂に入れるって幸せですね。

 

毎日本当にありがたい。

 

貯金という面では諸説ある一人暮らしですが、私にとってはプライスレスです。

 そこで今日は一人暮らしのメリットについてまとめてみました。

 

メリット①

誰の干渉もない

一人ならあんなことやこんなことも誰の目も気にせず楽しめます笑

お休みの日に何時まで寝てようが、平日に何時まで起きてようが誰にも何も言われません。

門限という言葉は完全に過去のものとなります。

メリット②

好きな場所に住める

もちろん人気のある地域は賃料が高額になりますし自分の出せるお金と折り合いをつける必要はありますが基本自由です。

実家暮らしで通勤往復3時間なんて方はザラにいます。会社近くに家を借りれば終業後30分でお家でまったりなんてことも可能ですよ。

時は金なりですね。

メリット③

自立できる

一人暮らしはお金がかかります。これは一見デメリットにも見えますがそれだけではありません。

今まで当たり前にしてきた家に帰り電気をつけ手を洗いご飯を食べるという動作全てにお金がかかっていたことに気づきます。

お父さん、お母さんが一生懸命働いてくれていたんですね。感謝してもしきれません。

実家にいくらかお金を入れて生活するのもありですが一人暮らしほどリアルに生活費の重みを感じることはできないでしょう。

生活費の中でも特に大きな出費となる住居費は正直負担は大きいです。年間50〜70万ほどかかります。私も資金面の不安でなかなか一人暮らしを決意できませんでした。

でも実際始めてみると失敗しながらもなんとか1人で暮らせることがわかりました。何より一人の時間が本当に落ち着きます。

孤独ではありますが自分の力で生きている実感を得ることができました。【働かなければ生きていけない】ことは大きなプレッシャーですが生活にハリが出てきたことも事実です。

家事の大変さが理解できれば将来家庭を持ったとき、相手を思いやりながら生活することができる思います。

実家から出たことのない男性が一部の女性から不人気なのも頷けます。

 

とまぁいろいろ書いてみましたが一人暮らしに夢を持ちながら何年も何年も実家に甘えていた私からのアドバイスとしてはまずは一歩踏み出しみようということです。

一人暮らしのデメリットはもうシンプルで各種危険と資金がかかることではないでしょうか。

 

一人暮らしの部屋はどんなに小さくても自分だけのお城なのです笑

スポンサーリンク

スポンサーリンク