30代手取り15万一人暮らしOLの貯金ブログ

ベンガル猫と申します。地方在住、家賃42,000、テレビなし 、友達1人。 自分を大切にしながら貯金400万+α目指します。@全財産公開中。


推計1,200円の得。黒タイツOL奮闘する。

前回の乳液の使い切りに続いて時間だけはある30代独女が格闘したもの…。

▼タイツの毛玉

地方の冬は寒いです。
なので毎日厚手の黒タイツで出勤しています。
暖かいし洗濯してもすぐ乾くので大好きなのですがしばらく履いているとすぐ毛玉ができてしまいます。

手持ちのタイツを一足ずつ毛玉チェックして分けてみました。合計6足。
左から①廃棄1足 ②まだいける4足 ③新品同様1足

今回はこの②まだいけるの4足たちの毛玉をとることにしました。
毛玉がついているだけで生地に目立った痛みはありません。
▼ほこりをとる

あとは地道に手でとりました。
剃刀も使ってみたのですが上手くいきませんでした。
疲れたので他の方法を探してみると…
▼食器洗いスポンジ

いくつかのサイトでこの方法が紹介されていましたが、と、とれないよ…?
なんの手応えもなくタイツが毛羽立っていきました。
スポンジの種類がよくなかったんですかね泣
気を取り直して手でむしっていきました。

全ては取りきれないものの外出できるくらいにはなりました。
4足新しく買わずにすんだので1足300円として1,200円の節約になったはずです。
毛玉になって手でむしってしまってる時点で寿命は近いですが…。
以前の私なら毛玉を見つけた瞬間に捨てていました。
ボロボロになるまで服を着続けたりするのはちょっと違うかなあと思いますが今ある物を少しのお手入れでキレイに長く使うのは立派な節約。ストッキングとかタイツって妙に高い割に耐久性が無い気がするんですよね。
選ぶ楽しみもない完全な消耗品です。

話は変わりますが男性は女性の毛玉に幻滅するそうですよ。だらしない感じがしてがっかりするそうです。

▼タイツの毛玉の予防法
①ネットに入れて洗う
毛玉の正体は摩擦によって切れた繊維が丸まったもの。黒タイツについた白い毛玉は洗濯のさいにからまった他の白い繊維がからまったものなんだそうです。
②タイツを裏返して洗う
摩擦防止です。

タイツを裏返してネットに入れて洗えば完璧ってことですね。さっそく次の洗濯からネットに入れて洗いたいと思います。

さらにちょっと微妙な技なのですがきついタイツやストッキングは思い切ってウエスト部分を切って履いています。切り込みからどんどんほつれていくと思いきや何回洗濯しても全然平気です。
人には見せられませんがウエストを締め付けると気持ち悪くなってしまうような人にはとってもオススメです。
▼前と後ろ2箇所切れ込みを入れる

なんかこう…なんてキラキラしてない日常なんでしょうね汗

いや、貯金のためだ…。
がんばろう。

それではおやすみなさい。

スポンサーリンク


スポンサーリンク