30代手取り15万一人暮らしOLの貯金ブログ

ベンガル猫と申します。地方在住、家賃42,000、テレビなし 、友達1人。 自分を大切にしながら貯金400万+α目指します。@全財産公開中。


高確率であなたもするかもしれない確定申告。


昨年追納した年金272,160を確定申告してきました。
社会保険料の控除が受けられるからです。
控除ということは支払うお金が少なくなるということなので結果的に節約になります。

結論から言うと現金としては13,812円が還付金として戻り、今年の6月から払う住民税が合計27,000円ほどこっそり安くなるようです。

スポンサーリンク


住民税は所得をもとに計算するので確定申告で所得税の控除をすれば自動的に住民税も控除されます。
この仕組みがわからなかったので会場で「13,812!?思ったより少ない…(;_;)」と悲しくなってしまいました。

初めての確定申告だったので難しいこと、面倒くさいことが苦手な私は確定申告会場で手続きすることにしました。

調べれば必要書類などはすぐわかるのですが書類の記入もれや書類の不備を自分でチェックするのが不安だったため100%安心できる(自分の中で)方法だと思ったのです。

あとは…確定申告なんてしたことなかったのでちょっとした好奇心もありました。

ただですね、この年金追納における確定申告は年末調整のときに社会保険料控除(国民年金保険料)証明書を一緒に提出していれば【しなくてもよかったこと】なのです。

けれども年金を追納をしたことを会社の人に知られたくないという私の変な?プライドから年末調整を利用せずに確定申告をすることにしました。

ただ単に年金を支払わなかったわけではなく、学生納付特例を申請をして猶予してもらっていたので堂々としていて大丈夫なんですけどね。私としては少し抵抗がありました。

医療費の控除や会社を通さずに確定申告をする機会は誰にも起こりうると言えます。
年末調整に各種証明書の発行が間に合わないこともあるかもしれません。
今回の体験がどなたかの参考になりましたら幸いです。

しかし…確定申告の会場はものすごく混みます。税務署に着いてから帰るまでに2時間半かかりました汗
税務署の駐車場が満車なので臨時駐車場が開設されるほどです。
その駐車場が結構遠くて税務署まで徒歩10分以上かかりました。(慢性運動不足の体にはこたえる)平日でもこんな感じなので休みの日の確定申告会場は想像を絶する混雑でしょうね。

時間も体力も使うわりに実際の確定申告は会場に設置されたパソコンに持参した①源泉徴収票(年末に会社からもらえるやつ)と②社会保険料控除証明書(追納するともらえる証明書)に書いてある数字を打ち込むだけ。

純粋に入力している時間だけ計測したら10分かかっていないかもしれません。
年金の追納くらいだったら自宅で申告した方が早いです。
確定申告はネット環境があれば自宅のパソコンから行うことができます。

今回使用したパスワードは来年も使えるので次回は自分のパソコンで申告するかもしれません。

確定申告会場には税務署の方や税理士の方が親切にサポートをしてくれるので心強い面もあります。書類整理は税理士の方が見てくれますしパソコン入力も係員1人に対して住民2人体制で補助してくれました。

時間はかかりましたが私にとっては良い経験になりました。
今回の体験でまだ知らない節約の存在を自分の頭の中で【予想】するための下地ができたような気がします。

スポンサーリンク


人生の中で大きな出費をしたり、大きな損害を被ったりしたときは何らかの制度がある可能性が高いようです。

そしてそれは国レベルで行なっているものや自治体レベルで行なっているものがあります。自治体で行なっている支援などは住んでいる場所によって異なるので自分で調べることの必要性を感じました。

最後に今回の確定申告で失敗した話。
実は自分の住む地域が管轄される税務署を間違えて、税務署をハシゴしてしまいました。

税務署は各市町村全てあるわけではありません。自分の住む地域がどこの税務署に管轄されているか調べる必要があります。
かなり遠いところでしたので1時間くらい無駄に運転することになりました。

まとめると…
①確定申告会場は平日でも超混む
②パソコンで申告した方が早い
③年末調整でやってもらうのが一番確実

ふー。

パソコンで入力する前に税理士さんと書類の確認をしたときに、なぜ年末調整で提出しなかったのかを聞かれ正直に答えたら

税金は払えるときに払えばいいんだよ。全然気にしなくて大丈夫。

と優しく教えてくれました。

うん。そうかも。

学生時代に年金を猶予してもらったのも私。
それから10年経っても追納しなかったのも私。
お金の使い方を見直して去年追納したのも私。

他人の目は気になるけど…自分を良く見せようとすると疲れちゃうかもしれないですね。

今回の節約で得た4万弱は絶対大事にしよう。
貯金頑張ろう。

うん。
眠いー笑

ここまでお付き合い下さった方に感謝致します。
それではおやすみなさい。

スポンサーリンク


スポンサーリンク